FC2ブログ
浮気男判別

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年春現在、白ロムで注目の機種(端末)は?Sony編Part3

H25.5.9

一人暮らしで自宅周辺のアンテナ環境がよければこれ一台でPCもスマホもOKじゃない?

しかも持ち運んでもバッテリーの持ちが良いよ~



今日も白ロムXperiaのお勧め機種をご紹介します。ただ、その前に…

昨日また巨人が阪神に敗けた(;一_一)阪神に弱すぎでしょう!!

対戦成績2勝6敗1分って首位を走ってるチームの成績ではないよね。

原監督・スコアラー…しっかり仕事して早急に対策とってください!!

ファンが負け癖ついて、そういう雰囲気が出始めたら手に負えなくなるからね(ー_ー)!!


あと、皆さんは「内山 高志」というボクシングの世界チャンピオンを御存じでしょうか?

先日5月6日に7度目の防衛をKOで達成した超~強いチャンピオンなのです。

実績も実力も亀田選手を上回る(個人的見解?)と思われる内山選手なのになぜか知名度が低い

それは意外なTV業界の縛りが原因だったのです(>_<)

なんと所属ジムが契約しているテレビ局でしか放映できないという縛りが存在していたのです!!

ちなみに亀田選手はTBS、今日防衛を果たした井岡選手もTBS…内山選手はテレビ東京(^_^;)

テレビ東京見る人ってどう考えてもTBSより少ない上に放送されない地域もあるよね???

そりゃあ知名度上がらんわ(笑)それでも5月6日の試合は12%の視聴率をたたき出している。

あのテレビ東京で…一度見たらKO好きは絶対ハマると思うので見てみてください。

ちなみに最近プロレスの放送を全然見なくなったなぁ~って思ってた人いませんか?

気のせいではありません。TV界との「縛り」のタブーを侵した団体が有った為に、

プロレス業界全体がTV界から干されてしまった結果なのです(^_^;)

TV界おそるべし!!

それでは本題であるXperiaを例のごとくLTE対応でAndroid4.0以上の機種でご紹介していきます。

Xperia AX SO-01E
白ロム・ムスビーH25.5.6現在 未使用:¥40700~¥58000 美中古:¥31800~¥42800)

印象としてはSX SO-05DとGX SO-04Dの中間的な機種ですね!!

液晶も3.7と4.6の中間4.3インチでGX SO-04Dでは省かれていたガラケー機能がフル装備されている。

デザインも3層構造でプレミアム感を演出し、弓形のアーク形状も引き継いでいます。

Androidは4.0、CPUはMSM8960 1.5GHz(Dual Core)、バッテリーも1700mAhを踏襲。

カメラ機能1300万画素のハイスペックカメラ「Exmor R for mobile」を搭載し、

明るい5枚レンズとブラビアエンジン2との組み合わせでよりくっきりはっきりした画像を表示。

さらに驚きのカメラ機能として「プレミアムおまかせオート」というものがあります。

これはすでに自分が撮った写真といえるのかわからなくなる位オートマチック処理が施される。

具体的には明るさや被写体などから撮影シーンを判断するシーン認識機能を以前から備えていましたが、

今回はその機能に磨きがかかっています。シャッターボタンを押すと露出の異なる2枚の画像を

自動で合成する逆光補正HDR機能が追加され、明暗に差があるシチュエーションにおいても、

裸眼で観た印象に近い自然な画像を作り上げます。

さらに暗い場所では4枚連写画像を自動で撮影し、その画像を重ね合わせてノイズを抑えた、

自然な明るさの画像を作り上げるのです。

つまり…自動で補正やら合成を瞬速で行い最良の画像を作り上げてくれるという代物です(ー_ー)!!

そして、おそらくこれが一番の特徴だと思いますが、Xiの受信最大速度が北海道、東北、信越、

北陸、四国、沖縄の一部に限り
100Mbになる点だと思います。

これは通常のXiが2.1GHzのみに対応しているのに対し、1.5GHz&800MHzにも対応している為である。

対応している地域の方にはこれ以上ない特徴ではないでしょうか?

関東は対応していないのが残念…

また、地味な改良点として液晶レンズの厚さが薄くなった事で「外での視認性が向上」し、

「タッチパネルの押し間違いを減少させる」効果が得られたとの事。意外と大事ですよね(笑)

最後に不具合についてですが…かなり不安定な機種として有名らしいですね(;一_一)

スリープ死」という言葉を生んだのがこの機種らしくスリープ後にフリーズする不具合が多発。

アップデートで大分落ち着いたという報告もあるが、「スリープ死」がなくなると

今度は「再起動連発」や「異常発熱」などの不具合が報告されている様子。

この辺のリスクをご自分で良く吟味してから購入されることをお勧めします。

次がこの春のXperiaの本命ともいうべきZ SO-02Eのご紹介となります。

今回も最後まで読んでいただけた方に感謝を申し上げます。

ありがとうございますm(__)m


一人暮らしで自宅周辺のLTE環境がよければこれ一台でPCもスマホもOKじゃない?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ボブッチ

Author:ボブッチ
携帯2台持ちをしながら小遣い制のサラリーマンをしているボブッチです。
自分のやりたい事をどれだけ安くできるのか、嫁からどれだけの出資金を得られるのかという事を自問自答しながら楽しい日々を送っています。
一人でも多くの共感を得られたら光栄です。

最新記事
最新コメント
とりあえず気になる???
最新トラックバック
ズバッと仕分け
こんな人にはこんなプラン仕分け ①なによりも安いのが一番!! DTI ServersMan SIM 3G 100 ②元々そんなに使わず節約が得意!! 楽天ブロードバンド LTE ③少し節約!外では普通に使い隊(笑) 日本通信 スマートsim1980円定額 1G/月まで       ④ほぼ使い放題!! 日本通信 スマートsim2980円定額 2G/月まで ⑤家族と賢く分け合いしたい! 日本通信 2GB Pair SIM(sim×2枚) ⑥3G程度でいいから使い放題が一番!! パナセンスLTE エントリープラン 3G/月まで
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
本命オススメ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。